FUNCTION STRIP / Videx - Apple II World.jp




The legacy of the Apple II World and its wonderful heritage.

0-HOME.gif1-Apple II World.gif2-History.gif3-Data Library(反転).gif4-Emulators.gif5-お勧めサイト.gif6-索引・リスト.gif7-右余白.gif

00 余白左.gif01 Data Library.gif02 ハードウェア(反転).gif03 ソフトウェア.gif04 ペーパーウェア.gif05 その他.gif06 データ倉庫.gif07 余白右.gif

FUNCTION STRIP / Videx

 Apple IIシリーズには最終型のIIeになって初めてテンキーが付けられましたがファンクションキーはApple IIGSを含めて最後まで設定されませんでした。

 適当なキーコンビネーションにファンクションキーを割り当てることは同社製のENHANCER IIや他のソフトウェアでも出来ますが、ENHANCER IIと組み合わせて本物のファンクションキー16個を追加しようと作られたハードウェアです。

製品パッケージ

VIDEX_Function_Strip-3 sh.jpg

 大きなパッケージですが中身は本体と簡単な取付説明書だけ。パッケージの窓から本体がちょっとだけ見えています。

 発表当時の価格は$79



本体

VIDEX_Function_Strip-1 sh.jpg

 FUNCTION STRIPはENHANCER II用の拡張ハードウェアで、薄いプラスチックのベースにフィルムタイプのスイッチが16個付いているだけの製品です。専用コネクタでENHANCER IIに接続します。

 ENHANCER IIはキーコンビネーションにソフトウェアによってファンクションキーを割り当てていますがFUNCTION STRIPを接続することによりキーコンビネーションではない独立した本当のファンクションキーを16個増やすことが出来ます。 使い方はENHANCER II同様簡単で、ユーザーが16個のキーにマクロを割り当ててファンクションキーとして使用します。



Apple II plusに取り付けてみました。

VIDEX_Function_Strip-2 sh.jpg

 上蓋パネル前端とキーボードの間のちょっと凹んだ形状の部分にちょうど入るような大きさに作られています。



関連項目

外部リンク