THE MILL - Apple II World.jp




The legacy of the Apple II World and its wonderful heritage.

0-HOME.gif1-Apple II World.gif2-History.gif3-Data Library(反転).gif4-Emulators.gif5-お勧めサイト.gif6-索引・リスト.gif7-右余白.gif

00 余白左.gif01 Data Library.gif02 ハードウェア(反転).gif03 ソフトウェア.gif04 ペーパーウェア.gif05 その他.gif06 データ倉庫.gif07 余白右.gif

THE MILL / STELLATION TWO

500-THE MILL・STELLATION TWO.jpeg

 STELLATION TWO社製の6809プロセッサーボードTHE MILLです。Rev.Cと書いてあるのだけれどICの数とか配置が他のRev.Cとちょっと違うようだ。



概要

shadow_MILL_外箱-1.jpg

 当時究極の8bit MPUと呼ばれた6809を載せたプロセッサーボード。星光電子のTOMATO-9との相違点はOS-9LinkIconとBASIC09が動作可能なこと。


mill_board-2 sh.jpgmill_board-1 sh.jpg

 MicroSoft社のZ80ソフトカードに始まったApple II用のCPU(MPU)カードは多くの製品があり、6809 MPUカードにも星光電子のEXCEL-9やTOMATOがあります。

このMILLも6809 MPUを使用した同様の製品の一つですが6809と6502が同時動作する点に特徴があり ます。他の製品ではどちらか一方の処理を止めてしまう為、例えばZ80 SOFTCARDの場合はZ80と6502がお互いに処理をバトンタッチすることは出来ますが、同時にアクティブになることはありません。これはアドレスバスとデータバスを両MPUで同時には使えないことへの一番簡単な解決方法でありハードウェア・ソフトウェア共に容易に製作出来ますが必ずどちらかが停止していることになり処理スピードから見ると不利になります。

 MILLは6502からリセットや割り込みを含む6809の全てをコントロールすることにより6502の管理下で6809が動作するようにデザインされています。(6809がアドレスバス&データバスを必要とする時はApple IIに対してDMAを発行する。6809が6502に比べバスをアクセスする頻度が格段に小さい為に可能なデザインと思われる。)この為、6502の都合に合わせて6809を動かすことが出来ます。2つのMPUを自在に操るようにプログラムすることは高度な知識が必要となりますがお互いを補完するプログラムを書くことが出来ればかなりの処理スピードのアップが期待される製品です。

 MILLは1982年当時、東レシステム機器事業部から販売されていましたがカードとOSであるOS-9、処理言語BASIC09、それに6809から見たアドレスを変換する為のROMとスイッチが乗った小さなボードがセットで215,000円の値段が付いていました。この他にもApple Pascalの処理スピードを50%向上させるApple Pascal speed up kitやDOS 3.3で動く6809 Assembler kitがありました。カード上の空ソケットは2716または 2532/2732 ROM用です。MILLはApple II、II plus以外では動かない様です。

関連項目